U2plusの認知行動療法

注目されている認知行動療法をインターネットで

U2plusはくわしいガイドコンテンツも用意。
認知行動療法と、各プログラムについてもしっかり説明します。
まだあまり普及していない認知行動療法を、インターネットで手軽に体験することができます。

※このサービスは医療行為を行うものではありません。

認知行動療法とは

認知行動療法は、いま日本だけではなく、イギリスやアメリカなどの医療先進国で「うつ病といえば認知行動療法!」と言われるほど、うつ病治療のために最も多く選ばれている心理療法です。認知行動療法の効果は医学的に証明されていて、抗うつ薬と同じかそれ以上の効果があるといわれています。

では、認知行動療法とは具体的にどんなことをするセラピーなのでしょうか。

認知行動療法の「認知」とは、「考え方」や「事実の捉え方」のことです。
認知行動療法は、「考え方」のバリエーションを増やし、ネガティブな考えや行動のパターンを変えていくお手伝いをする心理療法なのです。

たとえば、次の例をみてみましょう。

■あなたはある日、婚約していた恋人にフラれてしまいました。

001-1

これはとてもショックな出来事です。
頭にどんな「考え方」が頭に浮かぶでしょうか。

考え方:「もう一生ひとりぼっちだ」「もう誰とも結婚できない」「もう生きていく意味がない」
と、考えてしまうかもしれません。

恋人と別れることは、誰にとっても辛いことのはずですが、もともとうつ病状態であれば、なおさら事実をネガティブにとらえてしまいがちです。
そして、このような「考え方」を抱きつづけると、気分はどんどん落ち込み、大きな絶望感に長く悩まされることでしょう。

そこで認知行動療法は、同じ状況に対して別の見方を探すお手伝いをします。少しでも、「考え方」を柔らかくし、物事を色々な角度から捉えられるようになることを目指すのです。

001-2

もし、フラれて落ち込んでいる自分を冷静に眺めた結果、次のような考え方を抱くことが出来たら、気分はどのように変わるでしょうか。

考え方:「そういえば、彼女とは性格の合わないところがたくさんあった」「別れは出会いの始まりというから、これからもっと良い人が見つかるかもしれない」

001-3

このように、他の考えを見つけることができると、さきほどまで抱いていた絶望感も小さくなるでしょう。

他の角度から眺めることが難しいとき、認知行動療法のセラピストは「他の考え方」を探せるようにサポートします。

同じ出来事でも、「考え方」が変わると「気分」も変わることが、なんとなくおわかりいただけたでしょうか。認知行動療法は、こうして「認知(考え方)」のバリエーションを増やすことで、いつもの悪循環を良い循環に変化させていく心理療法です。

001-4

ページトップへ

U2plusのプログラムの仕組み

U2plusのプログラムを使って、どのようにうつ病状態から抜け出していくことが期待できるのでしょうか。ガイドコンテンツを一部ご紹介します。

U2plusの認知行動療法

ページトップへ

海外のうつ病対策事情

イギリスでは、軽〜中程度のうつ病に対して、最初に適用される治療法のひとつが、インターネットの認知行動療法です。

代表的なインターネット認知行動療法に、Beating the Bluesというプログラムがあります。

003

ページトップへ

日本の認知行動療法

日本でも認知行動療法の対面カウンセリングが行われています。しかし、価格が思ったよりも高かったり、認知行動療法に習熟したセラピストが不足していることなど、さまざまな問題が残されています。

U2plusでは、これらの問題に対する解決策として、インターネットを利用した認知行動療法を提供します。

004

ページトップへ